対比観光・分散化観光

ブログ発信  屋久島の「貝」のことなら! キャノッピ体験メニュー

さすがプランナー様!と呼ばれる屋久島プランを

屋久島だからできる対比観光

ヤクスギの育つ森と、麓の照葉樹林。一度の来島でその両方体験出来る屋久島。、分散化で巡り、それぞれを別角度から体験することは、自然環境保全に充分貢献し、実りある旅を演出します。ぜひ行程に組み入れ、プランナー様のスゴ腕をご披露下さい。質の高いツアーにしてみませんか。

ひと味違う梢回廊キャノッピ

その麓の照葉樹林を、鳥目線で体感できるのが「キャノピーウォーク」です。梢付近に設置されたボードウォークを歩くため、なにより樹木の根を踏まない自然環境配慮型の自然体験です。日頃目にする事のない樹木の高層部。非日常体験の興奮は屋久島への旅を、より強い想い出に塗り替えてくれる事でしょう。
「両方に手すりロープがあって、山道より歩きやすかった」(80歳代男性の感想)。「この年でも若い人たちと同じ体験ができた」(70歳代女性感想)。へー、木の上ってこんなになってんだー(修学旅行高校生数人談)。思ったより皆さん笑顔で、よかったです(女性添乗員談)。

キャノッピは分散化観光を提案します

例えば白谷雲水峡
一度に40人で森を歩く場合と、半数の20人で歩く場合を比べますと、森が受けるダメージは「倍」違ってきます。40人だと10年しか持たない森林周辺環境が、半数の20人だと20年持ちます。
グループ別に別コースや逆コースを巡っている場合、森林周辺環境ダメージが少ない錯覚を覚えますが、トータルでは同じ事となります。
私たち島民は、今あるすばらしい森林周辺環境を後世にまでずっと残したいのです。このことを島外から来られる方々にも十分理解してもらいたいのです。ですから一度に同じところを巡るのではなくて、分散化して楽しんでもらうことを推奨しています。

研修旅行・体験教育

屋久島のユニークな授業風景「樹下授業」を体験してみませんか。
 園内の【林歓楽洒(りんかんがくしゃ)】では、校舎外で本の読み書きなどを行う、樹下授業体験が可能です。
 しーんとした林の中で、小鳥の声も心地よい空間を提供します。(定員約40名)
 キャノッピでは屋久島の自然を題材とした環境的内容のトークなど、プランナー様と事前に打ち合わせいたします。
yakushima@canoppi.com までお問い合わせ下さい。

団体様受け入れ実績

キャノピーウォーク
●ワンバス40名様の場合、20名ずつ二班に分かれレクチャーを交え、時間差でキャノピーウォーク体験。所要時間、全体で50分程度。
●30分程度で体験したい場合、150mのショートコース対応OK。
●バス2台以上の場合、裏番組に千尋之滝観光(キャノッピから5分)を組み込むなど対応が可能。
●体験者状況→小学校1年から86歳男性(H23年、10月現在)。ただし独歩可能者。
キャノピーウォーク+キャノピーロープ
●キャノピーロープは開催定員が最大10名まで。裏番組でキャノピーウォーク同時進行。

問い合わせ

yakushima@canoppi.com or 0997−49−3232


 
トップページ
inserted by FC2 system